新社会人切手収集家の収集研究blog ホーム » スポンサー広告 » 韓国 »京城朱印

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

京城朱印  

最近入手したものだが、京城の朱印。
薄くてわかりにくいが、初期一般型の京城、41.1.1とある。
明治41年の年賀状。朝鮮の朱印はあまりなく、旧馬山浦に数通あるが京城は初めて見る。
年賀だから赤なのでしょうか?これはよくわかりません。

京城・朱印

宛先は佐渡島。もうすこし鮮明なのがほしいところ。

朱印についてわかるかた教えてください((+_+))

スポンサーサイト

category: 韓国

tb: 0   cm: 2

コメント

京城朱印

初めてお便りいたします。中野健司と申します。いつも当ブログやThe Philatelist Magazineでの玉稿を楽しく拝見し、また勉強させて頂いております。この時期の朱色の櫛型印については、赤石四郎著「朝鮮の日附印」(双龍、1971-1972年)の14頁に以下の記述があり、また私も釜山41.1.1の朱印を保有しています。

(以下引用)京城局や光化門局では、明治41年の年賀郵便物の引受印として朱色の印肉が使用された。いづれも明治41・1・1・前0-5の引受印で、年賀郵便物特別扱いによるものと考えられる。「朝鮮通信事業沿革小史」によると、年賀郵便物の特別取扱いは明治42年12月からはじめられたと記されているが・・・年賀郵便物の特別取扱いは明治42年以前に実施されていたことが充分考えられる。(以上引用)

中野健司 #- | URL
2015/01/10 09:11 | edit

Re: 京城朱印

中野様

コメントありがとうございます!やはり年賀ならではなのですね!
赤石さんの文献は保有していないので、非常に助かりました。
お教えいただきありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします!

きど

きど #- | URL
2015/01/10 21:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://krkphilatelist.blog.fc2.com/tb.php/158-a19cc6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。