新社会人切手収集家の収集研究blog ホーム » スポンサー広告 » 切手展 »切手展2日目について ISJPとオークション下見

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

切手展2日目について ISJPとオークション下見  

切手展の初日はブース巡りで終わってしまいましたので、2日目は作品参観に集中しました。かなりの膨大なフレーム数なので、じっくり端から見ていくと必ず時間が足りなくなります。そこで、最初にざっと全体を一回りして、じっくり見たい作品等をピックアップします。ざっと一回りするだけでも2時間はかかりました。それほどの膨大な量に足はすっかり疲れてしまいました。午前一杯は作品の抽出で終わってしまい、くたくたで昼休憩です。
午後はISJPの会合にお邪魔することになっていましたので。セミナーやクラブの集まりで利用できる会議室会場で2時間の講演を拝聴しました。会合では主に会報担当の方から会報の現状についての講演を伺い、大変参考になる箇所が多く、有意義な時間となりました。夕方以降はブースと作品とを行ったり来たりしてましたので、あっと言う間に閉場です。
閉場直前、ドイツのオークション下見会場に足を運び明日代行予定のマテリアルの下見を済ませました。取り扱いの担当が各テーブルにいて、番号をいえばロットを持参してくれるような仕組みになっていました。


夕食はコミッショナー吉田さんのお誘いで、TIFFANY DINNER に参加させていただきました。こちらについては、APSの会長やモンテカルロクラブの会長など、普段なかなかお会いできない方々と会うことができました。スーツ必須だったので急遽借りるというドタバタ劇でした。今回はスーツはいらないかと判断し持って行かなかったのですが、やはり国際展においては必須だと強く感じました。

展覧会の様子は写真でお見せしたいのですが、通信環境の都合上、帰国後にアップいたします。

スポンサーサイト

category: 切手展

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://krkphilatelist.blog.fc2.com/tb.php/265-62a25a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。