新社会人切手収集家の収集研究blog ホーム » スポンサー広告 » オークション »オークションについて

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オークションについて  


今回の国際展で一番刺激を受けたのがオークションです。
海外のオークションには初参加でしたが、日本の仕組みとはまるで違いました。
詳しくは前に書きましたが、参加した数時間はあっという間でした。

聞いた話でしかありませんが、世界のオークションハウスは今回参加したガートナーと同じようなシステムで動いているようです。1回目の参加でしたが、もっとあちこち見てみたいと思っています。

これらの仕組みを、日本でも取り入れたら、すごく面白いことができるのではと思いました。グローバルスタンダードなシステムで、世界的に顧客を獲得し、日本のオークションでスイスクラシックや英領のコレクションを扱うことができるようになる日も来るやもしれません。そんな未来を想像すると、とてもワクワクします。日本切手も、もっと外国に売り込むことができるかもしれません。日本では若手がぜんぜんいませんが、海外では必ずしもそうではないような気もしています。日本のそんな現状を変えていかなくてはならないのはもちろんですが、海外に目を向けても面白いと思います。

コストはかかるかと思いますが、海外のオークション誌はどれもおしゃれです。さらに、一点一点のマテリアルが全体の画像で紹介され、discriptionは数十行になることもしばしば。それ自体が立派な資料になるのです!

また、オークションは非常に盛り上がります。starting priceで始まるからか、フロア、メール、テレフォン、オンランと、四方八方から入札が入るからか、あっさり終わることは少ないです。

オークションについては、初参加の興奮だけで終わらせず、継続的に考えていきたいと思います。


スポンサーサイト

category: オークション

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://krkphilatelist.blog.fc2.com/tb.php/268-65f75105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。