新社会人切手収集家の収集研究blog ホーム » スポンサー広告 » リーフ作成 »仮整理

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

仮整理  

この手法は、私個人のたどり着いたスタイルです。
趣味はそれぞれのやり方があっていいと思っているので、参考程度に聞き流してください。
リーフづくりは、みなさんそれぞれ独自のスタイルがあると思います。自分の収集スタイルに合わせて、最適な戦略を築ければ、整理も格段に進みますし、研究もしやすくなります。私にとって、手に入れたカバーを箱に入れっぱなし、というのが一番避けたい整理方法で、マテリアル検索に時間がかかるうえ、その都度用事のないマテリアルに触れることで、カバーを痛めるリスクが高いからです。いまだに箱に入れっぱなしのカバーが100通以上あるので、早くどーにかしないといけません。
 具体的なリーフ作りは、初めから郵便史的な軸にするのも良いですが、自分は伝統郵趣のリーフのように、シリーズごと、額面ごとに納めています。この手法だと、構成に悩むこともありませんし、カバーが増えた時もどんどんその額面のリーフに追加していけばよいので、入手後すぐの整理に一番向いているスタイルだと思います。額面ごとの整理のメリットとしては、同図案の切手が並ぶため、見た目がきれいなリーフができること。多数貼りなどあれば、仮整理ながら迫力のリーフが出来上がるでしょう。整理も楽しくなりますし、このような迫力や見た目の美しさは、伝統コレクションのリーフの醍醐味でもあります。また、あとから別のリーフに移し替えるときも、シリーズ、額面で検索すればよいので、すぐに目当てのものを探すことができます。
郵便史的なリーフを直につくろうとすると、構成を練りすぎて、なかなかいいものができないと思います。郵便料金や消印タイプ、鉄道郵便、外信便など、様々な軸が考えられるので、一度サクッと単純に 「第二次昭和 17銭靖国神社」 のように伝統的にどんどん整理していき、そこから消印の作品なり、郵便料金の作品なりに仕上げる方法がベターと思います。
額面別に整理し、そこには消印や料金についての情報も打ち込んでいます。
追加でエビデンスがとれた情報や、気づいたことなどは、書き込むなり、ポストイットに書きこむなりしています。
今度画像で紹介します。
スポンサーサイト

category: リーフ作成

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://krkphilatelist.blog.fc2.com/tb.php/74-faa3ef12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。